思春期ニキビ 夜更かし

夜更かしや生活習慣も原因

ニキビが出来てしまうのは、夜更かし・生活習慣が体に疲労が溜まっていることです。そのためしっかりとしたスキンケアを行ったとしても、ストレスの多い生活や、また食生活が乱れている場合には、なかなか症状を改善することが出来ないのです。そのため鼻の下に出来てしまった場合には、日常の習慣を改善しなければならないのです。

 

睡眠不足に原因もある

肌に対して大きな影響を与えてしまうことになります。睡眠は肌の細胞に直接影響を及ぼすだけではなく、内臓の機能の改善にも必要なのです。内臓の機能が低下してしまうと、体温調節やエネルギーの生産が上手くいかなくなってしまいます。そのため肌に必要な成分の合成を、体内で行うことが難しくなってしまうために、鼻の下に悪影響を及ぼしてしまうことになるのです。

 

人間の体を回復させるためには、しっかりとした睡眠が必要になります。睡眠中に全身の細胞の回復や再生が行われることになるのです。そのため睡眠不足が続いてしまうことになると、いつまでも体を回復させることが出来なくなり、疲労が蓄積してしまうことになるのです。こうなってしまうと、すぐに体調を改善することは難しくなってしまうのです。なので日常においては、しっかりとした睡眠をする必要があるのです。

 

睡眠不足 対策

良質な睡眠を得るために大切なことは、睡眠ホルモンであるメラトニンの量を増やすことです。メラトニンは日光を浴びてから15時間後に分泌されるようになります。そのため朝起きたのならば、しっかりと日光を浴びることが大切になるのです。

 

またメラトニンは光にとても弱いホルモンです。そのため強い光を浴びてしまうと、メラトニンの分泌が阻害されてしまうことになります。なので就寝前位には、あまり強い光を浴びないようにしなければなりません。特に現代人においては、就寝前にパソコンや携帯電話などを使用することにより、強い光を浴びやすくなっています。

鼻の下のニキビを改善するために、しっかりと睡眠をしたい場合には、最低でも就寝30分前位には電子機器の使用を控えるようにしましょう。

 

 

 

>>ファーストクラッシュ 市販の店舗に置いてる? TOP